数独の解法テクニック

スドクを解くための最高のテクニック、ヒント、コツ

ここでは、私たちがまとめた、より速く、より良いナドカを解くためのテクニックをご紹介します。

数独を解く

最初のヒント

まずはじめに、ゲームの基本的なルールをおさらいしておきましょう。

この最初のレッスンでは、Sudokusを解くのに役立ついくつかのヒントを紹介します。

  1. 鉛筆を使う。数独はパソコンの画面上でやるより、鉛筆でやったほうが断然便利です。そのうえ、鉛筆で簡単に消すことができるのです。
  2. 徐々に実践していく。通常、多くの新聞や雑誌は、数独の難易度をカタログ化していないので、初心者が複雑な数独を完成させるのは本当に難しいことなのです。プリント数独ドットコムでは、数独をカタログ化していますので、自分のレベルに合わせて数独の練習をすることができます。レベルが上がれば上がるほど、数字を入れるのが難しくなり、非常に難しいものでは、試行錯誤しなければならないこともあるということです。
  3. セルの左上に候補の数字を書き込むほど、いいことはありません。小さく書いたり、余白に書いたりした場合は、数字を捨てるように消してください。
  4. 気楽にやる、数独はリラックスしたゲームです。数分で解けるスドクもあれば、数時間、数日かかるスドクもあります。
  5. よくできたスドクは解答が一つしかない。この特徴をうまく利用する。
  6. すべての可能な手を慎重に検討し終えるまで、決して挑戦しないでください。
  7. 順番を守る 数字の配置は、よく出る数字から始めて、出にくい数字で終わるようにするのがよい。
  8. 各ステップが有効であることを確認し、最初の失敗が悲惨なことになる
  9. もし、解決策が見つからない場合は、助けを求めるか、別の機会に数独を試してみてください。解答は思いがけないときに現れることが多く、数独を前にしているとは限りません。 ;).

基本的な方法

数字を発見する最も簡単な方法は、行、列、四分円の中に数字が1つしか残っていないときです。この場合、欠番は唯一の空箱に入る。

レッスン2

見ての通り、1行目には7を除くすべての数字が入っているので、この数字だけが空のセルに入ることができる。第1列の「5」と第6象限の「1」にも同じようなことが起こっています。

行と列の交差

数字を発見するもう一つの方法は、行と列による相互参照である。これは、あるボックスに注目し、その位置に入る数字をチェックし、同じ行や列にある数字を排除していくものである。

次の図では、1、8、3、6、9が同じ列に、2、4、5が同じ行にあるため、7しか入らないことがわかります。

ナンプレテクニック3

この技術を改良し、同じ象限にある数字も制御することで実現した。次の例では、行と列の交差を利用して、5、7、8という数字がマークされたボックスに入る候補であることがわかります。5と8はすでに四分円の所定の位置に置かれているので、捨てることができ、指示された位置を占めるのは7という数字になります。

ナンプレテクニック3

オンライン、印刷、ダウンロードで遊べる無料の数独です。
について © 2005-2022 www.PrintSudoku.com